1. トップ
  2. レンタル
  3. ・3Dプロジェクター上映機材
  4. 3D上映機材レンタル(プロジェクタ−・モニター)

3D上映機材レンタル(プロジェクタ−・モニター)

ページ内背景11.jpg

3dprj.jpg 3dmntr.jpg 3dbluray.jpg 

 

3d_attention.jpg

3D上映のための安全ガイドライン ⇒ 3DコンソーシアムWEBページへ


3Dプロジェクタ−レンタル

d8700_3d.jpg

■Panasonic PT-DZ8700×2
10600lm×2
Full HD 1920×1200(WUXGA)

1日料金 720,000円(税抜)

※上映時は偏光フィルターを装着します。

▶ PJ詳細はこちら

kizai_zumen.jpg

dw10000_3d.jpg

■Panasonic TH-DW10000×2
10000lm×2
Full HD 1920×1080(SXGA)
1日料金 680,000円(税抜)

※上映時は偏光フィルターを装着します。

▶ PJ詳細はこちら

kizai_zumen.jpg

7700_3d.jpg

■Panasonic TH-D7700×2
7000lm×2
1400×1050(SXGA)
1日料金 360,000円(税抜)

※上映時は偏光フィルターを装着します。
▶ PJ詳細はこちら
630_3d.jpg

■MITSUBISHI LVP-FD630×2
4000lm×2
Full HD 1920×1080
1日料金 80,000円(税抜)

※上映時は偏光フィルターを装着します。
▶ PJ詳細はこちら
▶ このスタック台についてのブログはこちら
silverscreen.jpg

■シルバースクリーン各種
120インチから
1日料金 70,000円(税抜)

▶ 詳細はこちら

■サラウンド音響システム
お問い合わせください

 


Single HD-SDI
Side by side方式
※1

Dual HD-SDI
Left Eye-Right Eye方式
TC同期したVTR素材による


受入 VTR素材

HDV / HDCAM (1440×1080)
HDCAM-SR (1920×1080)    
.avi / .mov (1920×1080)     

上映時のVTR素材

受入VTR素材と同じ

すべてCanopus HQコーデック(1920×1080)に変換

解像度

垂直方向の解像度は維持されるが
水平の解像度は半減

VTR素材と同じ

※1 Side by side方式とは?
右目用、左目用の映像信号が水平1/2に圧縮された状態で左右に配置されている。
1系統で伝送可能なため、3D映像の制作現場やテレビ放送などで広く採用されています。
ブルーレイで送出する事により低コストで3D上映が出来る方法の一つです。

-------------------------

*3D視聴には偏光メガネが必要です。レンタル・使い捨て等各種ご用意可能です。
*サラウンド機材は別途音響設備・費用がかかります。

*詳細はお打ち合わせの上、お見積りいたします。



3D液晶モニターレンタル SONY BRAVIA KDL-60LX900

"60インチ3D液晶モニター SONY BRAVIA KDL-60LX900"入荷しました!
レンタル料金、設置など詳細については弊社までお気軽にお問い合わせください。
また定期的に試写会行っておりますので試写ご希望の方はご相談下さい!

SONY-KDL-60LX900.jpg

 

 

 

ブルーレイ(Blu-ray)作成【 side by side方式 】

■ HDビデオファイル入稿用データ

  • QuickTime・・・H.264/MPEG-4 AVC/ ProRes422/ ProRes444/ Animation
  • Windows・・・RGB/ YUV/ CanopusHQ (.avi)
分数
データファイルマスターの場合

〜10分

20,000円(税抜)

〜30分

22,000円(税抜)

〜60分

24,000円(税抜)

〜90分

28,000円(税抜)

〜120分

32,000円(税抜)

〜180分

36,000円(税抜)

※データファイルは多くのケースで大容量ファイルになりますので、受取用にストレージ機器(外付HDD等)をご用意ください。
※HDCAM(L,R)、HDCAM-SRからブルーレイ(side by side方式)作成の場合はご相談ください。

▶アークベルTOPに戻る